ブルーベリーのアントシアニンが目の機能を高める

栄養と作用

ブルーベリーは、北米が原産の果樹です。成熟した果実は濃い青紫色をしていて、「アントシアニン色素」という水溶性の色素が含まれています。このアントシアニン色素は目に良いといわれていて、注目を集めている果実です。

ブルーベリーにはアントシアニンなどのポリフェノールが豊富に含まれていて、また食物繊維も豊富です。皮ごと食べられるのが一番の魅力ですが、果実を生で食べるほか、ジュースやジャムなどさまざまな形に加工されて食べられます。また、ビルベリーと同様にサプリメントの原料としても広く知られています。

アントシアニンは、ブルーベリーなどの果実や野菜に含まれる天然の色素です。ブルーベリーをはじめとする植物は、太陽の紫外線から果実を守るために、天然色素のアントシアニンを蓄えます。アントシアニンは抗酸化力が強く、ビタミンCのおよそ5倍もあるといわれています。アントシアニンには種類が500以上あるともいわれ、特に、ブルーベリーやビルベリーにはアントシアニンの種類と量が多いという特徴があります。

目の機能を高め、視力の低下を防ぐ

目に入ってきた映像は、目の網膜に映し出されます。網膜に存在するタンパク質のロドプシンが分解されることにより発生する電気信号が脳に伝わって、目が見えると感じます。これが目が見える仕組みです。分解されたロドプシンは再合成され、再び分解されてという流れを繰り返しますが、疲れや加齢によりロドプシンの再合成能力は低下していきます。アントシアニンは、このロドプシンの再合成を助けるため、年齢や疲れから起こる目のかすみやぼやけを予防、改善するといわれています。

ほかに、ブルーベリーにはビタミンA(βーカロテン)が豊富に含まれています。ビタミンAはかぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれる栄養素なのですが、目の網膜を丈夫にして、光に対して目の反応が衰え暗い場所で物が見えにくくなるような症状を予防する働きがあります。また、抗酸化力が強いといわれるビタミンEも豊富で、活性酸素を取り除いてアンチエイジングや生活習慣病の予防にも期待できます。

調理

ジャムやジュースにして食べるのもよいですが、そのまま生の身をヨーグルトなどの乳製品と一緒に摂ることで、ビタミンEなどの吸収力が高まります。

食べ合わせ

抗酸化作用をもつアントシアニンと、肌をつくるタンパク質を組み合わせて摂ると、肌荒れの改善になります。

こんな食べ合わせが体にいい

  • ブルーベリー(アントシアニン)とヨーグルト(タンパク質)を一緒に食べて、肌荒れの改善。


ブルーベリー

ブルーベリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] ブルーベリーのアントシアニンが目の機能を高める | 食材のプロフィールhttp://www.hood-memo.info/blueberry/ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です