βーカロテンたっぷりのにんじんで免疫力を高める

栄養と作用

にんじんは、緑黄色野菜の中でもβーカロテンの含有量がトップクラスの野菜です。βーカロテンやαーカロテンは体内でビタミンAに変化して、皮膚や粘膜を保護するはたらきがあります。

抗酸化作用で免疫力を高め、風邪を予防したり、動脈硬化やガンの予防にも期待できます。

ほかにもにんじんには、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどのミネラル成分がバランス良く含まれていて、コレステロールや体の毒素を排出したり便通を促す食物繊維も豊富です。

ちなみに、にんじんの葉の部分も栄養価が高く、タンパク質やカルシウムは根よりも多く含まれています。葉を食べる人はあまりいないと思いますが、鉄分も多いので、貧血気味の人にはおすすめです。

調理

食材中のβーカロテンは、調理方法によって吸収率が大きく異なります。

サラダなど生で食べる時は、にんじんに含まれるアスコルビナーゼという酵素が他の食品のビタミンCを破壊してしまいます。油や酢が入ったドレッシングをかけることで、酵素の働きを抑えることができます。

また、油で加熱することで、熱で酵素のはたらきが抑えられるし、βーカロテンの吸収率が良くなります。天ぷらや炒めものなど油と一緒に摂れる調理がおすすめです。

食べ合わせ

βーカロテンとタンパク質を合わせると、免疫力を強くします。βーカロテンとビタミンCには強力な抗酸化作用があるので、一緒に摂ると細胞を丈夫にします。コラーゲンを生成するビタミンCと腸内をきれいにする食物繊維を一緒に摂ると、美肌をつくるのに役立ちます。

こんな食べ合わせが体にいい

  • にんじん(βーカロテン)に豚肉(タンパク質)をプラスして、免疫力の増強
  • にんじん(βーカロテン・ビタミンC)にブロッコリー(ビタミンC)をプラスして、細胞の強化
  • にんじん(βーカロテン・ビタミンC)にたまねぎ(食物繊維・ビタミンC)をプラスして、肌荒れの改善
にんじん

にんじん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] βーカロテンたっぷりのにんじんで免疫力を高める […]

  2. […] βーカロテンたっぷりのにんじんで免疫力を高める […]

  3. […] にんじんのβカロテンは免疫力もアップします。 […]

  4. […] βーカロテンたっぷりのにんじんで免疫力を高める | 食材のプロフィール […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です