チンゲンサイは栄養豊富な緑黄色野菜

栄養と作用

チンゲンサイは、中国野菜の中でポピュラーな葉もの野菜のひとつです。寒くなって霜にあたると葉がやわらかくなり、おいしさが増すといわれています。

緑黄色野菜の代表で、とても栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。主な栄養成分は、ビタミンではβーカロテン(ビタミンA)、ビタミンCが多く、ビタミンEなども含まれ、ミネラルではカリウム、カルシウム、鉄などがあります。

βーカロテンやビタミンCは、免疫力を活性化し、風邪やガンを予防したり、肌荒れを改善するのに効果的です。ビタミンEは、抗酸化作用がはたらき、高血圧や動脈硬化といった生活習慣病の予防に期待ができます。

カリウムはナトリウムを排泄する役割があり、高血圧に効果的です。カルシウムは骨がつくられる上で欠かせない成分で、骨を丈夫にします。鉄は貧血の予防に役立ちます。

調理

アクが少ないので下ゆでしないでそのまま調理できます。

βーカロテン(ビタミンA)は脂溶性なので、油と一緒に摂取することでとても吸収率が上がります。効率良くビタミンAを摂取するには炒めものがおすすめです。

加熱しても色鮮やかで、シャキシャキ感が残り歯ざわりが良いです。

食べ合わせ

抗酸化作用のあるビタミンEと血管をしなやかにするタンパク質を組み合わせることで、動脈硬化の予防に期待できます。

こんな食べ合わせが体にいい

  • チンゲンサイ(ビタミンE)に鶏肉(タンパク質)をプラスして、動脈硬化の予防
チンゲンサイ

チンゲンサイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です