ニラで疲労を回復しスタミナをアップする

栄養と作用

独特の香りのあるニラは、スタミナを高めるはたらきがある野菜です。においのもとになっているのは、ねぎ類やにんにくと同じで、硫化アリルの一種であるアリシンという物質です。

ニラの栄養成分は、ビタミンA(βーカロテン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、食物繊維など、とても豊富です。

ニラはねぎの仲間なので栄養価はねぎ類と似ていますが、ニラのほうがβーカロテンが豊富に含まれています。βーカロテンには、粘膜や皮膚の健康を保つはたらきがあるので、風邪の予防や肌荒れの改善に期待できます。

ビタミンB1は、疲労回復に役立ちます。ニラのにおいのもとの硫化アリル(アリシン)は、ビタミンB1の吸収を高めるので、疲労の回復をさらに促進し、エネルギーの代謝を高めてスタミナをアップさせます。そして、免疫力のアップにもつながります。

また、ビタミンC、ビタミンEには、ガンの原因のひとつといわれている活性酸素を除去する作用があります。

調理

ニラは、熱湯にサッとくぐらせることで甘味が増します。疲れている時やエネルギー不足を感じる時、ニラ料理を意識的に食べると良いです。

食べ合わせ

疲労回復を促すビタミンB1と、ビタミンB1を含むレバーや豚肉・豆類などのタンパク質を組み合わせることで疲労回復がより期待できます。ビタミンCは、精神的な疲れも和らげてくれます。

こんな食べ合わせが体にいい

  • ニラ(ビタミンB・ビタミンC)にレバー(タンパク質)をプラスして、疲労の回復
ニラ

ニラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です