カルシウムでストレスを緩和するレタス

栄養と作用

レタスは、90パーセント以上が水分の葉もの野菜で、旬は4月~9月です。

生で食べるとシャキシャキとしたみずみずしい食感が楽しめます。このレタスの歯ざわり、また彩りは、食欲を増進させてくれるし、カルシウムとともにストレスの緩和にはたらきます。

レタスには、一般的な玉レタス(クリスプヘッドレタス)のほか、サニーレタス、フリルレタス、サラダ菜、サンチュなど、いろいろな種類の仲間があります。サラダにするだけでなく、種類によって、加熱したり、大きめの葉は、巻いたり、包んだりする調理にも適しています。

レタスに含まれる主な栄養は、βーカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維などです。βーカロテン、ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康を保ち、免疫力をアップして、肌荒れを改善したり、風邪を予防するのに役立ちます。

調理

レタスの葉は、繊維を包丁で切ると栄養が流出しやすくなるし、包丁の鉄で酸化してしまうので、手でちぎりましょう。

生食がおいしいのですが、量はそれほど多く食べられません。食物繊維を摂りたいときには、サッと加熱すると、カサが減って量もたくさん食べられます。

食べ合わせ

ストレスによって失われるビタミンCとタンパク質は日頃から摂っておきましょう。抗酸化作用のあるビタミンCとリコピンを組み合わせて、風邪予防に。ビタミンCと食物繊維に加え、疲労回復によいビタミンB1・肌をつくるタンパク質を合わせて肌荒れを改善します。

こんな食べ合わせが体にいい

  • レタス(ビタミンC)に鶏肉(タンパク質)をプラスして、ストレスの緩和
  • レタス(ビタミンC)とトマト(リコピン)を一緒に摂って、風邪の予防
  • レタス(ビタミンC・食物繊維)と豚肉(ビタミンB1・タンパク質)を組み合わせて、肌荒れの改善
レタス

レタス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] カルシウムでストレスを緩和するレタス | 食材のプロフィール […]

  2. […] カルシウムでストレスを緩和するレタス […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です