イワシをまるごと食べて生活習慣病を防ぐ

栄養と作用

イワシは青魚の代表格です。日本のイワシには、カタクチイワシ、ウルメイワシ、マイワシの3種類があります。

普通、イワシといえば、マイワシ(真いわし)のことをいいます。このマイワシには、体の側面に7個~10個くらいの黒い斑点が並んでいるのが特徴で、この斑点がはっきりしているものほど新鮮だとされています。秋から冬に旬を迎えますが、脂ののったイワシの味は格別においしいといわれています。

カタクチイワシ(片口いわし)は、下アゴが小さく上アゴが突き出ているのが特徴で、この稚魚を干したり乾燥させたものは、しらす干しやちりめんじゃことして食べられています。

ウルメイワシ(潤目いわし)は、大きくて潤んだような目が特徴です。うるんで見えるのは、透明な膜に覆われているためです。

漢字で書くとさかなへんに弱いで「鰯」となりますが、これは、イワシが他の魚のエサにされたり、水から揚げるとウロコが落ちて傷みやすく、すぐに死んでしまう魚だということから、この字が当てられたようです。

イワシの脂には、脳の活性化にはたらくDHAや、動脈硬化の予防にはたらくEPAが豊富です。また、血中のコレステロールを下げるタウリンや、皮膚・粘膜の健康を保ち、風邪の予防に役立つビタミンB2もたっぷりと含まれています。

大人が食べれば生活習慣病の予防につながり、子供が食べれば体も頭も両方の成長を促します。しらす干しならやわらかくて、小さな子供からお年寄りまで食べやすいです。

調理

骨にはカルシウムが豊富です。つみれにしたり、煮て食べたりと、骨ごと食べられる調理がよいです。そして、カルシウムの吸収を促進させるビタミンDも多く含まれていますから、カルシウムを効率良く摂ることができます。

食べ合わせ

コレステロールや中性脂肪の低下作用があるDHA・EPAと、強い抗酸化作用のあるリコピンを合わせて、動脈硬化の予防になります。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進させるので、合わせて骨粗しょう症を予防します。抗酸化作用のあるビタミンB2とβーカロテンを合わせると、細胞を丈夫にします。
 
 イワシの効果をアップさせる食材の食べ合わせをもっと見る

こんな食べ合わせが体にいい

  • イワシ(DHA・EPA)にトマト(リコピン)をプラスして、動脈硬化の予防
  • イワシ(ビタミンD・カルシウム)にシメジ(ビタミンD)をプラスして、骨粗しょう症の予防。
  • イワシ(ビタミンB2)にニンジン(βーカロテン)をプラスして、細胞の強化。
いわし

いわし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です