魚介類

イシモチ ( ぐち ) やわらかな白身は体力回復&ダイエットに最適

ぐち として市場に並ぶのは シログチ が ほとんどです。別名の「いしもち」は、シログチの頭部に平衡感覚をつかさどる耳石があることからきています。
魚介類

キス 胃に優しい魚で疲労やストレスを緩和

シロギス と アオギス の2 種類あり、一般に キス と呼ばれる シロギス のほうが味はよいとされます。 晩春から夏にかけてが旬で、クセのない上品な味わいです。良質なたんばく質が豊富で、人の体内では生成できない必須アミノ酸を含むので、体組織の生成に役立ちます。
魚介類

かんぱち 低脂肪 高タンパク 貧血予防にも

かんぱち は、豊富なたんばく質が、体力の増強や疲労回復を助けます。脂質も少なめなので、ダイエット中のスタミナ源にも適しています。さらに、豊富な ビタミンB12 は赤血球の生成を助け、貧血を予防します。血圧を下げるカリウムが多いので、高血圧の予防にも役立ちます。
魚介類

かます ビタミンDが 骨や歯の強化に貢献

かます は アカカマス 、 ヤマトカマス などの総称で、主に流通しているのは アカカマス です。たんばく質が豊富な脂質の少ない白身魚で、各種ビタミンやミネラルを含んでいます。
魚介類

いさき は骨の強化とイライラ予防に

いさきは、低カロリーかつ低コレステロールの白身魚ですが、産卵期にあたる夏には脂がのって、うま味が増します。
魚介類

あゆ は、 DHA が脳にしっかり働く

あゆ には天然物と養殖物があり、味で比べるとうま味成分の多い天然物に軍配が挙がります。一方、養殖の あゆ は、天然のものよりエサに恵まれているため脂質が多く、血行促進にはたらくビタミンEが多いという特徴があります。
未分類

あなごは、良質の脂質がコレステロールを低下させる

栄養と作用 形はうなぎに似ていますが、脂質は約10%と、うなぎのほぼ半分。うなぎよりも低カロリーで、あっさりとした味わいが特徴です。 一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を多く含み、コレステロールの低下や動脈硬化の予防に役立ちます。...
きのこ

しめじは、必須アミノ酸を含む栄養たっぷりのきのこ

しめじは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを含みます。食物繊維も多く、コレステロールを下げるエリタデニンも含まれているので、便秘解消や肥満予防、動脈硬化にも効果があります。 低カロリーなので、減量中の食材としてもよいでしょう。
豆類・藻類

もやしのビタミンCが風邪を予防し、美肌づくりに役立つ

本来「もやし」とは、豆や米、そばの種子を発芽させたもの全般をいいます。
野菜

みつばは、β-カロテンたっぷりの日本のハーブ

栄養と作用 みつばにはいろいろな種類があり、茎まで緑色の糸みつば、茎の下部が白く根も食用になる根みつば、遮光して茎を白くし根元を切っている切りみつばがあります。 豊かな香りの成分はクリプトテーネンとミツバエンというもので、ス...
タイトルとURLをコピーしました