ブリのDHA・EPAで動脈硬化を防ぐ

ブリの旬は12月~2月頃の冬です。天然のブリは2~4月頃に産卵期を迎えますが、その前に栄養をたっぷり蓄えるため、特に、脂がたっぷりのった状態になります。ブリのような青魚の脂には、不飽和脂肪酸のDHAとEPAが豊富に含まれています。

あさりは貧血予防や肝機能の向上に

高タンパクで低脂肪のヘルシーな食材なのですが、あさりの小さな身の中には凝縮された栄養素が豊富です。特に、赤血球の合成に関わっていて血液をつくる鉄や、悪性貧血を防ぐビタミンB12が多く含まれています。ビタミンB12には肝機能を強化するはたらきもあるので、飲酒時に一緒に食べれば、二日酔いの予防になります。