アーモンドで悪玉コレステロールを抑える

栄養と作用

アーモンドは、スーパーフードといわれるほど栄養価が高く、身体に必要な必須脂肪酸などの良質な脂質がすべて含まれています。血液中のコレステロール値を下げるはたらきがあって、肥満などの生活習慣病を予防する効果が期待されています。

アーモンドに含まれているおもな成分は、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、カルシウム、食物繊維などです。

抗酸化作用によるエイジングケアに効果的なビタミンE、肌や髪、爪の健康を保ち「美容のビタミン」ともいわれるビタミンB2、むくみを改善するカリウム、骨を強く丈夫にするカルシウムやマグネシウム、皮膚を健康に保つ亜鉛などのミネラル類、便秘の改善にはたらく食物繊維などがバランスよく含まれています。

このように、アーモンドはアンチエイジングやダイエットに効果が期待できるので、特に女性にはうれしい食材といえます。

抗酸化作用のあるビタミンEがとても豊富なので、細胞膜の脂質の酸化を防いで、細胞を強化します。ビタミンEの摂取目安量は、女性だと6.5mgとされていて20粒くらい食べると1日の摂取目安量を摂取できます。

ビタミンB2は脂肪の燃焼に欠かせない栄養素だし、ビタミンB1には効率良く糖質をエネルギーに変化させるはたらきがあって、疲労回復に効果的です。

脂質はオレイン酸を多く含んでいて、悪玉コレステロールが増加するのを抑制したり、生活習慣病を予防するのにも期待できます。ただし、脂質が多くカロリーも高いので、食べ過ぎには注意しましょう。

アーモンドをダイエットに活用するには、アーモンドと栄養バランスのよい食事を摂取するということです。美容にもよく健康的なダイエットに期待できます。

調理

アーモンドは、炒ってそのままでも食べますが、お菓子の材料に使ったり、細かくくだいてサラダに合わせたりして食べられます。

食べ合わせ

夏の暑い時季には、エネルギーの代謝を促進するのに、ビタミンB1が必要になります。また、タンパク質が暑さによって消費されるので、ふたつを組み合わせることで夏バテを防ぐようはたらきます。

こんな食べ合わせが体にいい

  • アーモンド(ビタミンB1)と鶏肉(タンパク質)を合わせて摂って、夏バテの予防。
アーモンド

アーモンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 物繊維も豊富で便秘解消の効果もあります。詳しくはこちら […]