もやしのビタミンCが風邪を予防し、美肌づくりに役立つ

もやし豆類・藻類
もやし

栄養と作用

本来「もやし」とは、豆や米、そばの種子を発芽させたもの全般をいいます。

店頭で「もやし」として見かけるものには、「緑豆もやし」「だいずもやし」「ブラックマッペ」「アルファルファ」などがあります。

 

ビタミンCを含むため、かぜ予防が期待できます。体内でコラーゲンを形成するはたらきもあり、美肌づくりに役立ちます。

そのほか、微量ながらカルシウムやカリウム、鉄も含んでいます。

品種

だいずもやし
サイズ発芽させたもやし。大豆の持つたんばく質が豊富です。
アルファルファ
「ムラサキウマゴヤシ」という牧草を発芽させたもやし。「糸もやし」とも言います。

こんな食べ合わせがいい

血圧を下げるカリウムと、血管を強くするたんばく質を食べ合わせると、高血圧予防につながります。炒め物や、もやしあんかけ豆腐にしてもいいでしょう。
もやし(カリウム)+豆腐(たんぱく質)は高血圧予防に働きます。

 

もやしの効果をさらにアップさせる食材はこちら。

もやし

もやし

コメント

タイトルとURLをコピーしました