ゴーヤ ( にがうり ) ビタミンCと苦み成分が夏バテを解消する

にがうり(ゴーヤ) 野菜
にがうり(ゴーヤ)

ゴーヤ ( にがうり ) は、ビタミンCと苦み成分が夏バテを解消する夏野菜です。ゴーヤ ( にがうり ) の栄養と作用、調理、食べ合わせについて紹介します。

ゴーヤ ( にがうり ) 栄養と作用

にがうりは「ゴーヤ」とも呼ばれ、ビタミンC 、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどをたっぷりと含みます。

特にからだの抵抗力を高めるビタミンC は豊富で、にがうりに含まれるものは加熱しても破壊されにくいのが特徴です。

独特の苦味成分である、モモルデシンは、消化液の分泌を促して食欲増進に効果があります。また、血糖値や血圧を下げるはたらきも期待できます。

緑色が濃く、鮮やかで全体の色が均一。黄色に変色しているものは避けます。ツヤと張りがあり、表面のイボが細かく密集しているもの。こぶりのものの方が味がよいです。

調理

独特の苦味は、下どしらえである程度カバーできます。にがうりを縦半分に切ったら、スプーンなどを使い、中に詰まっているワタをきれいに取り除きます。

1〜2mの薄さに切って塩もみをしておくと苦味が弱くなります。

こんな食べ合わせがいい

沖縄料理の「ゴーヤチャンプル」はにがうり、豚肉などを混ぜて炒めた家庭料理。豚肉のたんばく質とど夕三ンC で夏バテ予防に役立ちます。

ゴーヤのビタミンCと豚肉(たんぱく質)と夏バテに効きます。

ゴーヤ関連リンク

ゴーヤの使用感、口コミ
ゴーヤは、火を通してもかなり苦いので好き嫌いがありますが、すばらしい食品なので無添加のパウダー(粉末)がおすすめです。ゴーヤ独特の苦みがなく栄養分を効率よく摂取できます。

野菜

にがうり(ゴーヤ)

にがうり(ゴーヤ)

 

コメント