ビタミンCが豊富なブロッコリーで風邪予防

栄養と作用

ブロッコリーは、花蕾といわれるつぼみの部分を中心に食べる野菜です。

ブロッコリーにはビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますが、中でも特に多いのがビタミンCです。ブロッコリー100グラム中のビタミンCで、成人の一日の必要量がまかなえるといわれています。

また、βーカロテンも含まれているため、シミやソバカスの改善に期待できるビタミンCと合わせて、美肌づくりや風邪の予防、ガンの予防、疲労回復などに役立ちます。

さらに、カルシウムの吸収を助けるビタミンKも豊富です。

食物繊維も多く含まれているので、コレステロールの低下作用にも期待ができます。

茎にもつぼみと同じように栄養がたっぷりありますから、茎は薄切りにするなどして上手に使いましょう。 水溶性のビタミンを逃さず食べるには、蒸して食べるのがおすすめです。

調理

つぼみと茎では火の通りがちがうので、切り分けておいた茎から先に茹でるのがコツです。加熱しすぎると食感も味も悪くなるので、色よく火が通るくらいでザルに上げて冷まし、水分をしっかりきりましょう。

食べ合わせ

ビタミンCとβーカロテンのもつ抗酸化作用により、細胞が丈夫になって免疫力が高まります。タンパク質は細胞をつくるので、風邪の予防に効果的です。

こんな食べ合わせが体にいい

  • ブロッコリー(ビタミンC・βーカロテン)にホタテ(タンパク質)をプラスして、風邪を予防

ブロッコリーの栄養価は非常に高くガン抑制効果にも注目されています。

ブロッコリー

ブロッコリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ブロッコリータミンC が豊富で、風邪の予防、美肌づくりに効果があります。http://www.hood-memo.info/broccoli/ […]