食物繊維が豊富なゴボウで腸をきれいにする

栄養と作用

ごぼうといえば、食物繊維を豊富に含んだ野菜の代表格です。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、ごぼうの主成分は炭水化物で、そのほとんどが腸内環境を改善するはたらきを持つ不溶性の食物繊維です。

特に多く含まれているのがセルロースやリグニンなどの食物繊維で、腸の調子を整えることから、便通を良くするだけでなく、中性脂肪やコレステロールを抑制して動脈硬化を予防するのに役立ちます。そのほか、腸内の発ガン性物質を吸着し、排泄させるはたらきもあって、大腸ガンを予防するのにも期待できます。

また、水溶性食物繊維のイヌリンも含まれています。イヌリンには、腎臓の機能を高める利尿効果があったり、血糖値を抑制したり、悪玉コレステロールを下げるはたらきもあって、糖尿病を予防するのにも役立ちます。

こういったことからもわかるように、ごぼうは、生活習慣病の予防に活躍する食品であるといえます。

調理

ごぼうは皮の部分に香りや旨みがあるので、泥つきの場合には表面をたわしでこする、または包丁の背で軽くこそげ取るようにすると、風味が失われずに済みます。

アクが強いので、切りながら水にさらすようにして手早くザルにあげましょう。アクに含まれているポリフェノールが失われてしまうので、長く水につけないように注意します。

食べ合わせ

整腸作用のある食物繊維と抗酸化作用のあるβーカロテンによって、大腸ガンの予防に役立ちます。食物繊維としなやかな血管をつくるタンパク質を合わせて、動脈硬化の予防にも役立ちます。カルシウムとビタミンB1がイライラを防止します。

こんな食べ合わせが体にいい

  • ごぼう(食物繊維)とにんじん(βーカロテン)を合わせて、大腸ガンの予防
  • ごぼう(食物繊維)と鶏肉(タンパク質)を一緒に摂って、動脈硬化の予防
  • ごぼう(カルシウム)と豚肉(ビタミンB1)を合わせて摂って、ストレスの緩和
ごぼう

ごぼう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 食物繊維が豊富なゴボウで腸をきれいにする […]

  2. […] あるゴボウは、下半身の血行をよくする食べ物。さらに、含有成分のアルギニンは性ホルモンの分泌を促し、生理周期を整える作用があります。 ゴボウの詳細のプロフィールはこちら。 […]

  3. […] ごぼうとメチオニンの多い食品という組み合わせが、リグニンを最も効率よくとれる食べ方ということになります。 ただし、ごぼうは、切り口が空気にふれると、すぐに褐色に変色してしまうため、調理には少し工夫が必要です。ごぼうを洗って皮をむいたら、すりおろす前に、10分以上は酢水につけます。これで色が変わってしまう心配はありません。 すりおろしたあとにも、酢を少量まぶすとさらに効果的です。 こうした下処理をすれば、すりおろしごぼうは、ドレッシングにまぜても、そぼろにしても、煮物に加えても、白あえにまぜてもおすすめです。 香りのよさと、意外な食感は料理の幅を広げます。特におすすめしたいのは、ごぼうとニンジンのすりおろし+ 少量の肉で作ったそぼろです。ニンジンのガン抑制効果はこちらで説明したとおりです。 おかゆやごはんによく合い、かたいものが苦手なお年寄りも、これなら楽にごぼうの繊維をとることができます。薄めの味つけにしておいしく食べるといいでしょう。 ごぼうは積極的に摂りたい食材です。 ごぼうのプロフィールはこちら。 […]

  4. […] 塞、心筋梗塞、ガンの予防効果もあります。http://www.hood-memo.info/burdock/ […]