白菜は低カロリーでダイエットにも活躍

栄養と作用

白菜は、旬が11月~2月で、鍋の季節には欠かせない野菜のひとつです。90パーセント以上が水分で、特に抜き出た栄養成分はないのですが、さまざまなビタミンやミネラルが含まれています。

可食部100グラム中のカロリーが14キロカロリーと低いので、ダイエットをしている人でもそれほど気にしないで食べることができる野菜です。

含まれている栄養素は、ビタミンCやカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維などがあります。

免疫力を高めるビタミンCは、風邪の予防や肌荒れの改善、美肌にはたらきます。カリウムは、むくみを防いで、塩分を体外に排出するはたらきがあるので、高血圧の予防に効果が期待できます。食物繊維は、便秘の改善やダイエットに効果的です。

また、白菜には、イソチオシアネートという辛み成分が含まれていますが、この成分には消化を促進したり血栓ができるのを予防するはたらきがあるといわれ、その効果に注目が集まっています。

調理

白菜は、部位によって味わいや栄養分が異なるので、調理する時にはそれぞれの特徴を生かして使うとよいです。

少しかための外側の葉は炒め物などに、やわらかい内側の葉は甘みを生かし鍋料理がおすすめ。芯の部分は煮込んで鍋料理やスープに向いていますが、火の通りに時間がかかるので、芯の厚いところはそぎ切りにして使いましょう。

食べ合わせ

ビタミンCは免疫力を高めるので、ビタミンB1と一緒に摂取することで、疲労回復にも効果が期待できます。

こんな食べ合わせが体にいい

  • 白菜(ビタミンC)に豚肉(ビタミンB1)をプラスして、疲労の回復
白菜

白菜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] す。また、ビタミンC も多く、風邪の予防効果もあります。http://www.hood-memo.info/cc/ […]