食物繊維が豊富で便通を良くするとうもろこし

栄養と作用

とうもろこしは、米、麦に並ぶ世界三大穀物で、栄養価が高くて主食代わりにもなる野菜です。タンパク質や糖質が多く含まれていて、野菜でありながら、世界の多くの国で主食として食べられています。野菜の中ではカロリーが高めですが、糖質が主成分ですから、エネルギーの補給源となるのです。

ひげの付いた皮をむいてみると、とうもろこしの実はびっしりと詰まっていますが、その一粒一粒の表皮には、セルロースという食物繊維が含まれています。このセルロースという食物繊維は不溶性の食物繊維で、体内で水分を吸収してふくらみ、腸管を刺激して便通を促します。また、有害物質を吸着し、体外へ排泄するはたらきもあります。

ご存じのとおり、とうもろこしといえば夏が旬ですが、実の胚芽部分に豊富に含まれるビタミンB群が、夏バテの防止に役立ちます。

そのほかにも、ビタミンCやE、カリウム、マグネシウムなどをバランス良く含んだ、栄養価の高い野菜です。

調理

とうもろこしは鮮度が命です。手に入ったら、できるだけその日のうちに食べるのがおすすめです。すぐに食べない場合は、茹でてからラップで包んで冷蔵、または冷凍しましょう。

皮が付いている状態だととうもろこしの栄養価が落ちにくいので、食べる直前に外皮をむき、調理するのが良いです。また、ビタミンBやCは水溶性ですから、これを生かすには、電子レンジで加熱すると良いです。茹でるなら、沸騰したお湯ではなく、水のうちから鍋に入れて茹でましょう。

食べ合わせ

とうもろこしと、お肉や牛乳を組み合わせて摂って、栄養バランスをアップさせます。

こんな食べ合わせが体にいい

  • とうもろこし(タンパク質・カリウム)プラス牛ひき肉、とうもろこし(カリウム)プラス牛乳、とうもろこし(カリウム・ビタミンC)プラス鶏肉(タンパク質)、それぞれを合わせて摂って、栄養バランスアップ
とうもろこし

とうもろこし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ろこしカロチン、カリウム、ビタミン、メラトニン、リノール酸などが含まれていて、疲労回復、利尿・発汗、動脈硬化や高血圧の予防、安眠に効果があります。http://www.hood-memo.info/corn/ […]