春の七草としても知られる「せり」は貧血予防にも効果的

せり野菜
せり

栄養と作用

独特の香りが特徴的な、春の到来を出口げるせりは「春の七草」のひとつで、昔からなじみのある野菜です。

そのすがすがしい香りのもととなるミリスチンやカンフエンなどの精油成分は、食欲の増進や、精神の安定に役立ちます。

鉄、食物繊維を多く含み、貧血や便通の改善に期待できます。また、β-カロテンやビタミンC も多く、ウィルスに対する免疫力を高め、かぜの予防にも効果が期待できます。

 

しぼり汁は二日酔いにも効く

せりときゅうりを一緒にしぼり汁にして飲むと利尿作用が増し、二日酔いなどに効果があるといわれます。

これは、きゅうり利尿効果とせりのビタミンC が肝臓の解毒作用を助けるためです。

こんな食べ合わせがいい

鉄、亜鉛が豊富なせりと、血管をしなやかにするたんぱく質を含むかきを組み合わせると、貧血の予防が期待できます。鍋などにすると美味です。

せり(鉄・亜鉛)とかき(たんぱく質)が貧血予防に効果的です。

せりの効果をさらにアップさせる食材はこちら。

せり

せり

コメント

タイトルとURLをコピーしました