食物繊維たっぷりのこんにゃくが腸をきれいにする

栄養と作用

こんにゃくは、こんにゃく芋からつくられる、低カロリーな食材です。ダイエット食品としても広く知られています。昔から腸のお掃除屋さんといわれ、体内の有害物質をきれいにするために食べられていました。

こんにゃくは、90パーセント以上が水分です。こんにゃく芋からつくられていますが、じゃが芋やさつま芋などのほかの芋と違い、でんぷんなどのエネルギー源、また、ビタミン、ミネラルなどの栄養価はほとんどありません。しかし、こんにゃくには、豊富な食物繊維であるグルコマンナンや骨や歯を強くするカルシウムが含まれています。

グルコマンナンは、コレステロールの上昇を抑えたり、有害物質を排出させるはたらきがあるため、動脈硬化や脂質異常症への予防に役立ちます。また、糖分が体内に吸収されるのを遅くすることによって、糖尿病の予防にもなります。必要のないナトリウムを排出させる作用があるため、血圧が高めな人におすすめです。このように、生活習慣病を予防するのに役立ちます。

グルコマンナンは水溶性の食物繊維で、腸内細菌によって分解されると腸内環境を整えるオリゴ糖へと変化します。また、胃腸のはたらきを活発にし、便通を促すだけでなく腸内の老廃物や毒素を吸着して体外へ排出させるので、便秘を改善したり、体の中をきれいにします。

水分を含むと粘り気が強いゲル状の物質へと変化するグルコマンナンは、水分と一緒にこんにゃくを食べた時には満腹感が強くなりやすいので、ダイエットに適しています。しかし、ダイエットを上手に成功させるためには、栄養のバランスを考えて食事を摂ることが必要で、こんにゃくには栄養成分がほとんどないため、ほかの食品と組み合わせて摂るのが良いです。

調理

こんにゃくは、ほとんどが水分なので、そのまま料理すると水っぽく、味付けをしてもなかなか味が染みこみません。また、加工の際には水酸化カルシウムが使われているので、独特の臭みがあります。ですから、下ごしらえをしてから調理しましょう。下ごしらえをすると、水気やにおいがとれ、歯ざわりもよく、こんにゃく料理がおいしく作れます。

食べ合わせ

食物繊維を豊富に含む食材を組み合わせることで、便通の改善に役立ちます。

抗酸化作用のあるβーカロテン、ビタミンCを一緒に摂って、動脈硬化を予防します。

こんな食べ合わせが体にいい

  • こんにゃく(食物繊維)ににんじん(βーカロテン・ビタミンC・食物繊維)をプラスして、便秘の改善、動脈硬化の予防
こんにゃく

こんにゃく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント