お酒 みかん 悪酔い するのは本当

お酒 みかん 悪酔い コラム
お酒 みかん 悪酔い

お酒 みかん 悪酔い するのは本当です。お酒とみかんを一緒に摂取すると、「みかん悪酔い」や「みかん酔い」と呼ばれる症状が一部で言われています。これは、アルコールと柑橘類に含まれる成分が相互に影響し、アルコールの吸収を促進したり、アルコールの作用を強める可能性があるとされています。

お酒 みかん 悪酔い

お酒とみかんは、それぞれ体に良い効果を持つ一方で、組み合わせることで悪酔いしやすくなる可能性があります。

柑橘類、特にみかんにはリモネンと呼ばれる成分が含まれています。これは肝臓の酵素であるシトクロムP450の働きを抑制する可能性があり、アルコールの分解を遅らせることが考えられています。その結果、アルコールが体内に滞留しやすくなり、悪酔いの原因となるとされています。

糖分の影響

みかんは果糖を多く含んでいます。果糖はアルコールの分解を遅らせるため、体内にアルコールが長く留まることになり、悪酔いしやすくなります。糖分を摂取すると、血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると、インスリンが分泌されます。インスリンは血糖値を下げる働きがありますが、同時にアルコールの代謝を抑制する働きもあります。

2. ビタミンCの影響

みかんはビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンCはアルコールの代謝を促進する働きがありますが、同時にアセトアルデヒドの分解を促進する働きもあります。アセトアルデヒドは二日酔いの原因となる物質なので、過剰に分解されると悪酔いしやすくなります。

アセトアルデヒドは、エタノール(アルコール)の代謝産物であり、体内に蓄積されると二日酔いの原因となる物質です。

3. 空腹時の飲酒

みかんは食物繊維が豊富なので、満腹感を得やすい果物です。しかし、空腹状態でアルコールを摂取すると、アルコールの吸収が早くなり、悪酔いしやすくなります。

悪酔いを防ぐための対策

  • お酒を飲む前に食事をしっかり取る
  • みかんは食べ過ぎない
  • 水分をこまめに補給する
  • 睡眠を十分取る
  • アルコール度数の高いお酒は避ける
  • 自分のペースでゆっくり飲む
  • 水分摂取をしっかりする 二日酔いにならないための水の飲み方

これらの対策を講じることで、みかんとアルコールを楽しむことができます。

補足

  • みかんジュースは、果糖がさらに多く含まれているため、悪酔いしやすくなります。
  • みかんの皮には、リモネンという成分が含まれています。リモネンはアルコールの代謝を促進する働きがあるため、悪酔いしやすくなる可能性があります。

ただし、これは一般的な傾向であり、個人差があります。また、食べ物や飲み物の相互作用についてはまだ研究が進んでおらず、確定的な結論は得られていません。個人が感じる酔いの度合いや影響は、飲酒の量、体重、代謝能力、飲酒速度などにも依存します。

飲酒は健康に対して様々なリスクを伴うため、適量を守ることが重要です。特に健康上の問題やアレルギーがある場合には、注意が必要です。個人の体調や反応に留意しつつ、安全で楽しい飲酒を心がけましょう。

コラム

コメント