野菜

ビタミンCと苦み成分が夏バテを解消するゴーヤ(にがうり)

にがうり(ゴーヤ)は、特にからだの抵抗力を高めるビタミンC は豊富で、にがうりに含まれるものは加熱しても破壊されにくいのが特徴です。
豆類・藻類

水分とカリウムが利尿作用を促進するとうがん

とうがんに含まれる水分が尿量を増やし、利尿に役立ちます。また、カリウムを多く含み、余分なナトリウムを排淋化し、血圧を安定させる効果が期待できます。
野菜

ビタミンCたっぷりの「じゃがいも」

じゃがいもの栄養成分でたっぷり含まれるのはビタミンCです。100g中の含有量は、果物のりんごの5倍もあります。 じゃがいものビタミンCは主成分であるデンプン質に包まれているため、加熱しても壊れにくいのが特徴です。
豆類・藻類

生活習慣予防に効果「海苔」

おにぎりに巻くぱりぱりとして海苔は、アマノリを紙状にすいたものです。α-カロテン、β-カロテン、カリウム、カルシウムなどが豊富です。
未分類

貧血や乾燥肌の改善にひじき

鉄、マグネシウムなどのミネラル分をたくさん含みます。特にカルシウムは非常に豊富で、骨粗鬆症予防にも効果的です。 ビタミンも多く中でもビタミンB2に富んでいます。βカロテンとともに風邪予防や美肌づくりに働きます。
豆類・藻類

豆腐は、良質たんぱく質の宝庫で疲労回復にも

大豆の持つ栄養素を手軽に摂れる食材です。たんぱく質は、動物性たんぱく質の肉に勝るとも劣らない良質のたんぱく質です。
肉・卵・乳製品

牛乳のカルシウムは吸収率が高い

牛乳は、カルシウムを補給する食品の代表格です。カルシウムの含有量が豊富なのはもちろんですが、注目されるのは、カルシウムの吸収率の高さです。食品100グラム当たりの単純な比較で、牛乳よりも多くのカルシウムを含む食文字。ほとんどの検索エンジンのタイトルは最大60文字です。品はたくさんありますが、牛乳は吸収率と利用性の高さにおいて優れたカルシウム源といえます。
コラム

白内障の症状かすみ目には野菜不足は絶対NG!予防にも治療にも旬のたっぷり野菜が必要

白内障は、本来透明なはずの水晶体が濁っているため、目の奥に光が届きにくく、かすみ、ぼやけ、視力の低下を感じます。また、新聞や本の小さな文字も見えにくさを感じます。こういった症状を訴える方は、野菜を十分にとっていない、暴飲暴食しがちであるなど、食習慣に問題のある人が目立ちます。このような問違った食習慣を続けると、目は活性酸素の害を受けやすくなります。
コラム

食事欧米化の危険は警告されていた 医学の進歩は病気を抑えていない

当時食事欧米化の傾向をたどり始めていた本土の日本人にも食事欧米化の危険を警告しました。しかし博士の警告は聞く耳を持つ人がないままに、わが国の食事が欧米化を加速させていったのです。
コラム

日本人の食生活の欠陥

間違いとは一口にいえば、動物性の食品の過剰(動物性蛋白質や動物性脂肪)、脂肪全体の過剰および脂肪全体の中での動物性のものと植物性のものの比率の悪さ(動物性のものの比率が高過ぎる)、自然な形の野菜や果物の少なさや砂糖の過剰、食品を過度に加工し過ぎることによる繊維やビタミン、ミネラル類の減少などといったものです。
タイトルとURLをコピーしました