魚介類

イカのタウリンが生活習慣病を改善する

イカは、良質なタンパク質を豊富に含みながら、脂質が少ないので低カロリーであり、肥満ぎみの人にとっては頼もしい食材です。ほかにも、タウリン、ビタミンE、DHA・EPAが豊富に含まれています。
豆類・藻類

昆布のヨウ素が基礎代謝を高め成長を促す

昆布は海の恵みがギュッと凝縮された食材で、ミネラルがとても豊富に含まれています。なかでも、ヨウ素(ヨード)の含有量は、さまざまな食品の中でもトップレベルを誇ります。ヨードは甲状腺ホルモンをつくる材料です。
果物・木の実

ぎんなんはビタミンたっぷりで疲労を回復する

串焼きにしたり、炊き込みご飯や茶碗蒸しに入れて食べることが多いぎんなんは、イチョウの木の種子です。ぎんなんには糖質や脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養がバランスよく含まれています。
魚介類

栄養の宝庫の牡蠣は体のさまざまな機能を改善する

牡蠣(かき)は「海のミルク」と称されるように、とても栄養が豊富な食材です。多くのアミノ酸など良質なタンパク質、鉄や銅、カルシウムなどのミネラル類、ビタミンB群やビタミンAなどのビタミン類といった、たくさんの栄養成分が含まれています。
魚介類

しじみで肝機能を改善する

しじみに含まれる栄養成分には、カルシウムや鉄などのミネラル、ビタミンB12やビタミンB2、ビタミンAなどがあります。また、タウリンやオルニチンといった良質なアミノ酸が豊富に含まれていて、肝臓に良いとされています。
果物・木の実

落花生のビタミンEが酸化を抑える

落花生に含まれている成分は、およそ50パーセントが脂質です。それは、おもに、不飽和脂肪酸といわれるオレイン酸とリノール酸で、血圧やコレステロールの値を下げ、動脈硬化を防ぐことに期待ができます。
果物・木の実

さくらんぼが疲労回復、生活習慣病を防ぐ

さくらんぼの果実の赤い色には、ポリフェノールの一種で抗酸化作用のあるアントシアニン色素が含まれています。これは、視力を回復するのに役だったり、さまざまな生活習慣病の原因となる活性酸素のはたらきを抑え、病気にかかりにくくします。
果物・木の実

すももは貧血や便秘の予防、美肌づくりに

甘酸っぱさが魅力のすももは、6月~9月くらいにかけて見かけられる果物です。すももの酸味のもとはクエン酸やリンゴ酸などの有機酸で、これらは疲労回復に役立ちます。主な栄養成分は、カリウムや葉酸、食物繊維、βーカロテンなどです。
果物・木の実

クエン酸を含む梅干しは優れた健康食品

梅干しのクエン酸は、唾液や胃酸の分泌を促し、胃腸のはたらきを活発にするので食欲の増進につながります。また、疲労物質である乳酸を分解するはたらきがあって、疲労回復に効果的なことでも知られています。
果物・木の実

いちじくは胃腸の調子を整える

いちじくは、8月~11月の初めくらいが旬の果物です。漢字で書くと無花果となりますが、花が無いわけではなく、果実を切ったときに見えるたくさんの小さな赤い粒が花なのです。いちじくには、ペクチンという食物繊維が豊富に含まれています。
タイトルとURLをコピーしました