ほたて貝 低カロリーでミネラル豊富 脂肪の代謝も促進

Scallop魚介類
Scallop

ほたて貝 栄養と作用

ほたて貝 に多く含まれる ビタミンB2 には粘膜を強くしたり、たんばく質や脂肪の代謝を促す効果があります。脂質が少なく低カロリー なので、ダイエットに適しています。

タウリンにはコレステロール低下作用があるので、動脈硬化の予防ができます。そのほか、鉄やビタミン12 など、貧血予防にはたらく栄養素も豊富です。

また、グルタミン酸やコハク酸を多く含むために強力なうま味があります。ほビタミン鮎には粘膜を強くしたり、たんばく質や脂肪の代謝を促す効果があります。脂質が少なく低カロリーなので、ダイエットに適しています。タウリンにはコレステロール低下作用があるので、動脈硬化の予防ができます。

そのほか、鉄やビ タミン12 など、貧血予防にはたらく栄養素も豊富です。また、グルタミン酸やコハク酸を多く含むために強力なうま味があります。

民間療法

ほたての貝柱で取ったスープに、皮つきだいこんをすりおろした汁を合わせ、日頃から摂っておくと高血圧予防やコレステロール値の正常化に効果的とされています。

こんな食べ合わせがいい

タウリンのコレステロール低下作用、ビタミンC の抗酸化作用を合わせると動脈硬化予防にはたらきます。

  • ほたて貝 ( タウリン たんぱく質 ) + トマト ( ビタミンC ) = 動脈硬化予防

ほたて貝 の効果をよりアップさせる食材はこちら。

Scallop

Scallop

コメント

タイトルとURLをコピーしました