かます ビタミンDが 骨や歯の強化に貢献

かます 魚介類
かます

栄養と作用

かます は アカカマス 、 ヤマトカマス などの総称で、主に流通しているのは アカカマス です。たんばく質が豊富な脂質の少ない白身魚で、各種ビタミンやミネラルを含んでいます。

特にカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富なので、骨や歯の強化やイライラの解消効果が望めます。水分が多く刺身や煮つけには不向きです。干物にするか、数時間干してから塩焼きにするとよいでしょう。

調理

かます は塩焼きが美味。頭とワタを取り、塩を振って冷蔵庫でしばらく寝かせてから焼きます。

干物は特においしく、干すことで水分が減り、その分栄養素が凝縮されます。またバター焼きなどのムニエルにしてもおいしくいただけます。

こんな食べ合わせがいい

たんばく質は血管をしなやかにし、β-カロテンには抗酸化作用があるので、合わせて動脈硬化の予防が期待できます。

かます のたんぱく質と にんじんのβ-カロテン を合わせるとと動脈硬化の予防につながります。

かます

かます

コメント