栄養豊富で抗酸化作用が強いほうれん草

栄養と作用

ほうれん草は、緑黄色野菜の中でも栄養価が高いことで知られています。特に鉄分やβーカロテン、ビタミンC、カルシウムなどが豊富に含まれています。

東洋種と西洋種の2種類に大きく分けられますが、最近では、この両方をかけあわせた交配種が生産の主流になっています。11月~2月が旬のほうれん草ですが、現在はハウス栽培のものが多く、私たちはいつでも手に入れることができます。旬の時期には、特に根元部分の甘みが強く、栄養価が高くなるそうです。この根元の赤い部分には、骨を形成するためのマンガンが多く含まれているので、残さず食べるとよいです。

鉄はヘモグロビンの材料となり貧血の予防に重要な養分で、ビタミンCは鉄の吸収を高めるはたらきがあります。また、造血にはたらくといわれる葉酸も含まれています。

βーカロテンやビタミンCは抗酸化作用があり、免疫力を高め、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、風邪を予防したり、動脈硬化やガンの予防にも良いといわれています。

カルシウムは骨の材料となり、一緒に含まれているマンガンやビタミンCとともに、骨や歯を丈夫にします。

ほうれん草は新鮮だと生で食べることができるので、ミキサーにかけ青汁に利用できます。ほうれん草の青汁は、尿酸を分離排泄させる作用があって痛風やリウマチにも効果的だといわれています。

調理

アクが強いので、下茹でして、水にさらしてから調理しましょう。ビタミンCが損なわれてしまうので、茹ですぎに注意しましょう。

食べ合わせ

鉄分が多い野菜として知られていますが、体内で吸収される量はわずかです。卵などの動物性タンパク質と一緒に摂ると、鉄の吸収やはたらきがさらに良くなります。

βーカロテン、ビタミンCは抗酸化作用が強く、細胞を傷つけてしまう活性酸素から守ってくれるので、ガン予防に期待できます。

こんな食べ合わせが体にいい

  • ほうれんそう(βーカロテン・ビタミンC)にアーモンド、落花生(ビタミンE)をプラスして、ガン予防
ほうれん草

ほうれん草

コメント

  1. […] に、油を使った料理にしたほうがカロチンの吸収率は5割ぐらい高くなります。ホウレン草は、おひたしよりもソテーがよいというわけです。 ほうれん草の詳しいプロフィールはこちら。 […]

  2. […] 栄養豊富で抗酸化作用が強いほうれん草 | 食材のプロフィールhttp://www.hood-memo.info/spinach/ […]

  3. […] りよくありません。ゆで汁まで食べられるメニューであればいいでしょう。ゆで汁を捨ててしまう場合には、ゆで時間はできるだけ短くします。 栄養豊富で抗酸化作用が強いほうれん草 […]

  4. […] り、鉄分を多く含む野菜を食べても、鉄分による活性酸素が発生する心配はないといえるのです。 ほうれん草などは、ゆですぎないようにして卵などと一緒に食べるのがおすすめです。 […]

  5. […] 栄養豊富で抗酸化作用が強いほうれん草 | 食材のプロフィールhttps://www.hood-memo.info/spinach/ […]