栄養バランスの良いさやいんげんで健康な肌をつくる

栄養と作用

さやいんげんは、さやえんどうと同じように未成熟ないんげん豆をさやごと食べる野菜です。一年に3回収穫されることから「三度豆」とも呼ばれます。

さやいんげんには多くの栄養素が含まれていますが、特にβーカロテンが豊富です。βーカロテンは体内でビタミンAに変化して、皮膚や粘膜の抵抗力を高め、肌の健康を保つはたらきがあります。

緑黄色野菜でカロテンが多いのですが、ほかにはタンパク質、カルシウム、リン、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2なども含まれています。

ビタミンB2や必須アミノ酸のリジン、アスパラギン酸は、肌をきれいにしたり、夏バテを予防したり、疲労を回復するのにも期待ができます。

調理

βーカロテンは油と一緒に摂ることで吸収率がアップしますので、炒めたり、揚げたりして食べると効果的です。茹でる場合には、さやの全体に塩をふって板ずりし、たっぷりのお湯に塩を入れて茹でると、色鮮やかです。

食べ合わせ

さやいんげんのβーカロテンとタンパク質を含む豚肉を合わせると、ふたつの相乗効果で免疫力が上がります。

こんな食べ合わせが体にいい

  • さやいんげん(βーカロテン)プラス豚肉(タンパク質)で、免疫力の増強
さやいんげん

さやいんげん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ルシウムが豊富で、血液浄化、肥満防止に効果があります。http://www.hood-memo.info/stbeans/。 […]