あゆは、DHAが脳にしっかり働く

鮎魚介類

栄養と作用

あゆには天然物と養殖物があり、味で比べるとうま味成分の多い天然物に軍配が挙がります。

一方、養殖のあゆは、天然のものよりエサに恵まれているため脂質が多く、血行促進にはたらくビタミンEが多いという特徴があります。

天然、養殖ともに、良質なたんばく質が豊富に含まれています。脂質には、脳を活性化させるDHA 、コレステロールを低下させるEPA が含まれます。

DHA・EPAの効能・効果はこちら。

 

調理

あゆの醍醐味を味わうなら塩焼きです。ワタにはビタミンA( レチノール)やビタミンE が豊富なので、腹からがぶりとかぶりつきましょう。内臓まで食べることで栄養成分がたっぷり摂れます。

あゆをこんぶで巻いて砂糖、しょうゆ、酒などで煮つけたこんぶ巻きも、うま味が溶け合った絶品です。

こんな食べ合わせがいい

DHA 、EPA が持つコレステロールや中性脂肪の低下作用と同じようなはたらきがアルギン酸にもあり、相乗作用で動脈硬化予防に役立ちます。

あゆ(DHA・EPA)+昆布(アルギン酸)=動脈硬化予防

動脈硬化 | 健康メモ

鮎

コメント

タイトルとURLをコピーしました