豆腐 良質たんぱく質の宝庫で疲労回復にも

tofu豆類・藻類
tofu

豆腐 良質たんぱく質の宝庫で疲労回復にもおすすめです。豆腐 の栄養と食べ合わせについて紹介します。

豆腐 栄養と作用

大豆原料の豆腐は大豆の持つ栄養素を手軽に摂れる食材です。たんぱく質は、動物性たんぱく質の肉に勝るとも劣らない良質のたんぱく質です。豆乳に凝固材やニガリなどを加えて主に大豆たんぱく質を固めた物です。

必須アミノ酸であるリジン、フェニルアラニン、トリプトファンなどを多く含み、疲労回復やストレス緩和に効果があります。

豊富なリノール酸はコレステロールの低下を促進します。大豆オリゴ糖も豊富なので、お腹の調子を整え、便秘を改善します。

また、夏バテ予防、ストレス緩和、コレステロール低下などの効果もあります。

木綿豆腐
豆乳にニガリを加え、ぬを敷いた型箱に入れて固め圧搾したもの。
絹ごし豆腐
濃い豆乳にニガリを加え、型箱に入れ固めたもの。舌触りがなめらか。

手作り豆腐は、ビタミンやレシチンを豊富に含むので脳細胞の活性化や美肌、コレステロールの低下が期待できます。絞ったあとのおからを食べれば食物繊維も無駄なく摂取できます。

食べ合わせ

暑さのストレスで消費されるたんぱく質と、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を合わせれば、夏バテ予防効果大です。

こんな食べ合わせが体にいい

  • 豚肉(ビタミンB1)を合わせて夏バテ予防

豆腐の栄養をより効果アップするには

tofu

tofu

豆類

コメント

  1. […] 豆腐 良質たんぱく質の宝庫で疲労回復にも […]

タイトルとURLをコピーしました