酢玉ねぎ 便秘 解消効果はオリゴ糖と食物繊維がぜん動運動を促進するから

酢玉ねぎ 便秘 野菜
酢玉ねぎ 便秘

酢玉ねぎ 便秘 解消効果はオリゴ糖と食物繊維がぜん動運動を促進するからです。酢玉ねぎはだれでも簡単に作れるので、便秘に悩んでいる方は酢玉ねぎで便秘解消で便秘解消に役立てるのがおすすめです。

酢玉ねぎ 便秘 が改善できる理由

玉ねぎと酢で作る健康常備菜「酢玉ねぎ」は、肥満を改善に導き、ダイエットを成功させる強い味方になってくれます。

便秘に悩む日本人の数は、600千万人と言われています。これは、日本全国の成人男女1,000人を対象に行われた調査の結果です。

便秘の症状は、排便回数が少ない、排便が硬い、排便時に痛みを伴う、便意があってもなかなか出ない、などです。便秘は、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用など、さまざまな原因で起こります。便秘がひどい場合は、腹痛や下痢などの症状が出ることもあります。便秘を解消するためには、食生活を改善し、適度に運動し、ストレスを解消することが大切です。

玉ねぎと酢で作る健康常備菜「酢タマネギ」は、肥満を改善に導き、ダイエットを成功させる強い味方になってくれます。

肥満は、美容面で気になることはもちろん、放置していると高血糖や高血圧を招いたり、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化のリスクを高めたりします。健康診断などで肥満を指摘された人は、できるだけ早く減量に取り組む必要があるでしょう。

とはいえ、いざ減量しようとしても実際はなかなか難しいものです。体重が増えると体を動かすのがおっくうになり、運動に伴う消費カロリーが減ったり、基礎代謝(安静時のエネルギー消費)を担う筋肉が衰えやすくなつたりして、ますます太りやすくなってしまうものです。

そんなときに力を発揮するのが酢玉ねぎギです。酢玉ねぎには減量に役立つ2つの働きが備わっています。

その働きとは「便秘解消作用」と「糖・脂肪燃焼作用」です。この記事ではまず、便秘解消作用についてくわしく述べていくことにしましょう。

便秘と肥満は悪循環の関係性にある

酢玉ねぎ 便秘

酢玉ねぎ 便秘

便秘と肥満の間には密接な関係があります。便秘は肥満を招く原因の1つとなり、逆に肥満は便秘を引き起こしやすくするのです。

単純に、便秘に陥るとたまった便の分だけ体重は増えます。1回の排便量は100~200 g といわれているので、便秘が一週間続けば 1 kg 前後も体重が増えてしまう計算になります。

また、腸内に便がたまると老廃物も体内に蓄積され、新陳代謝が滞ります。新陳代謝は糖や脂肪のエネルわギーを使って行われるので、新陳代謝が滞ればエネルギー消費が」減り、太りやすい体質になつてしまいます。こうして肥満に陥ると、内臓脂肪も蓄積されやすくなります。

内臓脂肪とは、主に大腸や小腸などの内臓の周囲に蓄積する脂肪のこと。兆の周囲に内臓脂肪がたまると腸が圧迫されたり腸のぜん動運動が妨げられたりして便の通りが悪くなり、便秘に陥りやすくなります。

このように、便秘と肥満は悪循環の関係にあります。肥満の解消のためには、便秘を解消してこの悪循環を断ち切る必要があるのです。

悪玉菌は増やさずに善玉菌だけを増やす

酢玉ねぎ には、便秘を改善に導く特効成分が豊富に含まれています。玉ねぎに、健康効果に優れた栄養成分が多いことはよく知られていますが、中でも便秘に効果を発揮するのが、糖の一種である「フラクトオリゴ糖」です。

フラクトオリゴ糖の量天の特徴は、胃や腸の中で消化されずに大腸まで到達し、ビフィズス菌や乳酸菌など腸内環境を良好にする善玉菌のエサになることつまり、善玉菌を腸内で増やすのに非常に役立つというわけです。

しかも、腸内の悪玉菌である大腸菌やウェルシュ菌の多くは、フラクトオリゴ糖を食ベることはできません。フラクトオリゴ糖は、悪玉菌は増やさず、善玉菌だけを効率的に増やせるという特徴も備えているのです。

こうして善玉菌が増えれば腸内環境が改善するとともに腸の蟻動運動が活発化し、便秘も改善していきます。

また、玉ねぎに多い食物繊維も見逃せません。食物繊維には腸の蟻動運動を促したり、便のかさを増やしたりして排便を促す働きがあるからです。

酢にも便秘の改善効果が期待できます。酢には腸内環境を整える作用があり、腸内の悪玉菌を減らすのに撃止ちます。また、酢に含まれる酢酸は腸内で炭酸ガス発生させて腸壁を刺激し、ぜん動運動を活発にします。

このように、酢玉ねぎには便秘を退け、肥満を正すための特効成分がつまっています。酢玉ねぎの常食で、気になるポッコリ腹もスッキリへこ凹んでいくことでしょう。

酢玉ねぎ

野菜

コメント