夏の風物詩スイカで水分を補給する

栄養と作用

スイカの成分には、カリウムやビタミンCなどがあります。スイカはウリの仲間ですが、果肉はそのほとんどを水分で占めています。

スイカの旬といえば、もちろん夏。みずみずしいスイカは、暑い夏の渇きを潤してくれる、夏には欠かせないものです。果肉の約90%が水分なこともあり栄養価が低いように思われがちですが、さまざまな作用があります。

正確には、スイカは野菜に分類されているようですが、感覚からいえば、甘くてジューシーなスイカはくだものですね。

スイカの赤い果肉の部分には抗酸化作用があるリコピンが含まれていて、肌にできるシミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑えるはたらきをしています。

それから、スイカには、シトルリンというアミノ酸の一種が含まれています。シトルリンは、体内に吸収されると、体内で発生したアンモニアを無害な尿素に変換させ排泄するようにはたらきます。また、血管を若返らせて血流を促す作用もあります。

また、カリウムが豊富に含まれています。カリウムは、余分なナトリウムの排出を促し、利尿作用を高めます。高血圧や動脈硬化の予防、ナトリウムの摂り過ぎによるむくみの改善にも役立ちます。

腎臓や肝臓病、糖尿病で食事の摂取に制限のある人は、注意が必要です。

シトルリンの効能・効果についてはこちら

調理

シトルリンは、果肉のほか皮の部分にも含まれているので、皮は漬け物などにして食べると良いです。

種には生活習慣病を防ぐリノール酸が豊富に含まれています。フライパンで軽く炒り、割って、中身だけ食べます。

食べ合わせ

豊富に含まれるカリウムは汗をかくと失われやすく、ビタミンCは、暑さのストレスで消費されてしまうのですが、ふたつを合わせて摂ることで、夏バテを防ぎます。

こんな食べ合わせが体にいい

  • スイカ(カリウム・ビタミンC)とメロン(カリウム・ビタミンC)を組み合わせて摂取して、夏バテの予防。
スイカ

スイカ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント