魚介類

魚介類

サバに豊富なDHA・EPAで生活習慣病を予防する

サバに含まれるDHA・EPAは不飽和脂肪酸で、細胞の老化の予防や、記憶力や学習能力を高める効果、血流を改善し、血液をサラサラにする効果などに期待できます。血中コレステロールや中性脂肪を下げ、生活習慣病の予防や改善に有効です。
魚介類

サケにはビタミンB群やビタミンDが豊富

サケの身や卵であるイクラは赤い色をしていますが、これはプランクトンから摂取したアスタキサンチンの色です。強力な抗酸化作用をもったアスタキサンチンには、活性酸素を除去するはたらきがあります。
魚介類

イワシをまるごと食べて生活習慣病を防ぐ

イワシの脂には、脳の活性化にはたらくDHAや、動脈硬化の予防にはたらくEPAが豊富です。また、血中のコレステロールを下げるタウリンや、皮膚・粘膜の健康を保ち、風邪の予防に役立つビタミンB2もたっぷりと含まれています。
魚介類

カツオの血合いに含まれる鉄が貧血を予防する

カツオには、筋肉などをつくる良質なタンパク質やビタミン類、ミネラルが豊富に含まれています。特に、血合いの部分(背骨の付近などにある赤黒く見えるところ)には鉄分やビタミン類など栄養が豊富です。
魚介類

カレイに豊富なコラーゲンは美肌をつくる

カレイのヒレのつけ根のことを縁側(えんがわ)といいますが、この縁側や皮の部分には、コラーゲンがたっぷり含まれています。コラーゲンには、肌をみずみずしく保ち、老化を防ぐはたらきがあります。
魚介類

鯛の赤い色素アスタキサンチンは免疫力を高める

真鯛の皮は一目でわかる美しい赤ですが、この赤い色は、抗酸化作用をもち免疫力を高めることで知られるアスタキサンチンの色素です。魚介類の中では鯛のほか、鮭やエビ、カニ、イクラなどにも含まれています。
魚介類

サンマの良質な脂で動脈硬化を防ぐ

サンマはイワシやサバなどと同じ背の青い「青魚」ですから、栄養満点です。良質な脂質には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
魚介類

アジは味だけでなく栄養価に優れた魚

鯵(あじ)は、世界の各地で漁獲され、食用とされています。日本ではマアジがおもに食べられていて、刺身や寿司、焼き魚、干ものなどさまざまな食べ方で親しまれています。クセがなくて食べやすい魚ですが、栄養面でも優秀な魚です。
魚介類

カニは低カロリーでうまみ成分が豊富

カニには良質なタンパク質が含まれているのですが、脂質が少なく低カロリーでヘルシーな食材です。ビタミン・ミネラルがバランス良く含まれていて、うまみ成分であるタウリン、グルタミン酸、グリシンが豊富です。
魚介類

イカのタウリンが生活習慣病を改善する

イカは、良質なタンパク質を豊富に含みながら、脂質が少ないので低カロリーであり、肥満ぎみの人にとっては頼もしい食材です。ほかにも、タウリン、ビタミンE、DHA・EPAが豊富に含まれています。
タイトルとURLをコピーしました